岡山へお花見に〜「醍醐桜」を撮る

趣味・楽しみ

桜の時季はいつも忙しくて、お花見に行けないことが多いのですが、今年はタイミング良く、日曜に時間がとれたので、岡山まで「醍醐桜」を見に行きました。

樹齢700年、1000年と諸説あると言われています。後醍醐天皇が立ち寄り賞賛したのでこの名がついたそうです。アズマヒガンという種類で、ソメイヨシノより小ぶりのかわいらしい花。高さは18m、横にもかなり大きいです。間近で見ると迫力ありました。

ちょうど満開だったので、見物客が多く、駐車場待ちは約30〜40分ほど。

久しぶりにSONYの一眼レフで撮りまくりました。
でも、あとでパソコンで見てみると、iphoneXで撮った方がキレイな写真がいくつかあってショック。

 

一方向にかなり延びています。左側に小さく見えるのが、2代目の醍醐桜。

2代目の醍醐桜。

この写真がいちばんお気に入り。

快晴でしたが、空が全体的に霞んでいて、時間もお昼だったので、青空に生える桜は撮れませんでした。

樹齢1000年の植物が、年に一度、花を咲かせるエネルギーはすごい。
春の「生」を感じました。
樹の近くにいるだけで、たくさんパワーをもらいました!

参考/
真庭市観光局ホームページの醍醐桜
http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/4/7/

高知市からは高速で、休憩しながら約3時間半くらい。

 

近くの「岩井畝の大桜」も見に行きました。
でもこちらはまだ1〜2分咲きでした。

 

帰りは、お土産を買いに「道の駅・醍醐の里」へ。

道の駅の裏の川沿いは満開の桜並木が続いて、とてもキレイ。ここでも写真を撮りました。

堤防から山里の風景。桜がどこも満開でした。

iphoneXのポートレートモードで撮影。きれいに背景がボケてます。もう一眼持たなくてもいい?

高速道路沿いにも山桜がたくさん咲いていて(とくに岡山自動車道)、こんなに多くの満開の桜を一度に見たのは初めてかも。家族サービスもできたし、良い休日でした。

関連記事一覧